レビトラやED治療薬にまつわる噂

レビトラやED治療薬の服用によって、体に悪影響を及ぼすという噂が流れていますが、多くは一般的な服用方法とはかけ離れた使い方をしているか、根拠に乏しい単なる噂話です。
服用量や頻度を守り、併用が禁止されている薬剤は飲まない、服用してはならない病気に罹患していないなど、しっかりと用法を守ることで安心して服用することができますし、そもそもこれはレビトラやED治療薬に限った話ではなく、他の一般的な薬剤においても用法を守るのは常識的なことです。
また、レビトラなどのED治療薬を服用すれば、性的な興奮に関係無く強制的に勃起するので危険ではないかと、勘違いされる方がそれなりにいらっしゃいます。しかし実際は、これらの薬には強制的な性的興奮作用も、勃起作用も無く、あくまでも性的興奮が起こった際に勃起状態が萎えることが無いよう持続させる、補助的な役割に過ぎません。
勃起のメカニズムは、性的興奮が起こった際に環状グアノ一リン酸が増えることで血管が拡張することにあります。この環状グアノ一リン酸が特別な酵素によって破壊されると海綿体の血管が収縮され、勃起が治まります。レビトラなどのED治療薬は、環状グアノ一リン酸を破壊し勃起を治める役割のある酵素を抑制することにより、勃起を持続させる効果があります。このため、レビトラや他のED治療薬を使用する人が、性的な犯罪を起こすようになったり、攻撃的な性格に変化したりというようなことは、もちろんありません。
レビトラなどのED治療薬の使用方法は、何も特別なものではなく、他の一般的な薬剤と同様、決められている用法を守り、かつ常識的な使い方をすることで、常に安全に使用することができます。

↓レビトラ以外のED治療薬ならこちらで
バリフで勃起力を高める